コピー機の仕組みを知ろう

>

文明の利器に囲まれて

コピー機とは

コピー機とは、複写機のことで、原稿を複製する機械を指します。
印刷機能だけでなく、ファックスやスキャナーといった機能が搭載されている複合機が多いです。そこまでお金がかからず、短時間で物を複製できる精密機器であるにも関わらず、世間に普及している代物です。
ビジネス向けの大きなものから、家庭向けの小さなものまであらゆる用途に対応しています。コンビニや図書館などの施設にも置いてあったりします。そのため、コピー機を目にしない日はないといっても過言ではないでしょう。
デジタル化が進む現代でも、すべてをデータだけで済ませることができる状態には至っていません。デジタルデータを紙に印刷する技術は重宝されています。コピー機はこれからも、印刷技術界の先端を担っていくことでしょう。

コピー機と印刷機の違い

印刷をする機械には、USBメモリからデータを写すものと、紙原稿を機械に読み取らせるものがあります。機械によって用意すべき原本の形が異なります。それによって、困った経験はありませんか。
両方ともまとめてコピー機だと思っているかもしれませんが、実は別物なのです。
デジタルデータを扱える機械がコピー機で、それが扱えないのが印刷機です。このように表記すると、印刷機が劣っているように感じますが、それぞれに良さがあります。コピー機は、デジタルデータを扱えることから、幅広いニーズに応えることが可能です。印刷機は、印刷に特化しているため低コストかつスピードに長けています。
それぞれの特徴や違いを把握したうえで、使い分けができるようになると便利だと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る