コピー機の仕組みを知ろう

>

コピー機が誕生するまで

印刷の歴史

そもそも紙は、中国で発明されたものであるといいます。記録を残すために生み出されたものでした。
そして、印刷技術も中国で発明されたといいます。仏教を広めるために、木版印刷が始まりました。多くの人に伝えたいと思ったときに、印刷技術は誕生したのです。その後は世界中に広まっていき、木版の他に金属製の版による印刷技術が発明されたりしました。試行錯誤を重ね、十八世紀には、彫る必要のない石版印刷が誕生します。この石版を契機に、印刷技術はどんどん発展していきました。十九世紀には写真の技術が発達し、その技術は印刷にも応用されました。このような長い歴史を経て、印刷技術は現在に至っています。この長い時の中でも変わらないのは、多くの人々に伝えたいという強い気持ちであると思います。印刷の歴史は、伝達の歴史でもあるのです。

日本の印刷技術

日本における印刷技術は、江戸時代に急速な発展を遂げました。江戸時代以前にも印刷する技術はあったようですが、そこまで力が入れられていなかったようです。なぜ突然発展したかというと、教育の普及により、読み書きできる人が増え、出版のニーズが高まったからだといいます。当時は木版印刷が盛んでした。次に明治時代、活版印刷が本格的に始まります。明治時代後期には、カラー印刷もできるようになったといいます。第二次世界大戦後には、新たな印刷技術が伝来し、写真の印刷が可能になります。現在のようなデジタル化したデータを印刷する技術は、写真を印刷する術を身につけた功績が大きいといいます。こうしてみると、教育の力は絶大なものだと感じられます。知るということは、技術を発達させることに繋がるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る