コピー機の仕組みを知ろう

>

コピー機の仕組みを知りたい

基本的なコピー機の仕組み

コピー機の基本的な仕組みを簡単に説明します。
まず、複製したい原稿を読み取ります。光の反射と吸収の性質を利用した技術で、文字を記憶し、データ化します。次に、データ化した文字を用紙に写します。感光体ドラムと呼ばれるものの表面に、文字の静電気像を写します。最後に、コピー用紙にインクを付けます。トナーと呼ばれる色つきの粉を高温で溶かし、用紙に定着させます。この印刷方法は、一般的にレーザー方式と呼ばれています。
コピー機は、光と熱と静電気の性質を応用した技術だということが分かります。詳しいことは、理科の知識がないと難しいと思います。しかし、あまり予備知識がなくても、大まかな仕組みはなんとなく分かるでしょう。

印刷を体験してみよう

印刷の歴史や、コピー機の仕組みを知ると、自分でも印刷をしてみたくなってきます。
そこで、活版印刷を体験してみるのはいかがでしょうか。
デジタル製版の技術が発展した今だからこそ、活版印刷を体験することに価値があると思います。
博物館や印刷所などでワークショップが開催されているので、参加してみると良いでしょう。
そこまでするのは、という人には、消しゴムハンコがお勧めです。自宅で気軽に活版印刷を体験することができます。
自力で行う印刷は、手間がかかります。機械を操作するだけで、短時間で、大量印刷ができるコピー機は本当に素晴らしい機械です。自分で体験することで、コピー機の存在をより意識することができますし、印刷技術の凄さが身に染みると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る